あなたはどうしたい?浮気調査で証拠を入手した後の対処について

パートナーの浮気を疑って浮気調査をした場合、自分でやったとしても探偵や興信所に依頼したとしても、何らかの証拠を入手する場合があります。

証拠が手に入ったのであれば当然パートナーが浮気している事実は確定するのですが、浮気調査で重要なのは証拠を入手した後にどのように対処するのかというところです。

対処法としては大きく分けて2つあり、パートナーと再構築するか離婚するかのどちらかが一般的な対処法となります。

パートナーと関係を再構築する

パートナーと関係を再構築するのであれば、浮気調査で入手した証拠を突きつけない場合も多いですし、突きつけて反省を促す場合もあります。

反省を促すだけではなく何らかの罰則を与えたり、親族や周囲に対して浮気をしていた事実を突きつけるために利用するのも選択肢の1つです。

また、浮気相手に対して慰謝料を請求したり別れさせる場合もあるでしょう。
パートナーとの再構築を検討するのであれば、パートナーや不倫相手にどのような罰則を与えるのか、検討する必要が出てくるのです。

パートナーと離婚を選ぶ

離婚を選ぶなら、パートナーや不倫相手に証拠を突きつける必要があります。

ここで相手が素直に浮気を認めて協議離婚に応じたり、慰謝料請求に応じるのであれば問題ありません。
しかし、浮気を認めなかったり離婚を承諾しなかった場合は、裁判に発展する可能性もあります。

その時には、浮気調査で得られた証拠が、裁判で使用できるものなのかどうかが大事なポイントです。
法的に浮気をしていたと認められるものなのかどうかを確認しながら、慰謝料や親権を求めるようになるのが一般的です。

浮気調査で証拠が得られた場合には様々な使い道があります。
そこで重要となってくるのは、浮気調査を依頼した本人がパートナーとどのようになりたいのか、を事前に考えておくところです。

それによって浮気調査や証拠の使い方や重要性が異なってきます。
浮気調査を依頼する前には、必ず対処法を検討しておくのが重要になっています。