知っておこう!浮気で離婚する場合の慰謝料はどのくらい?

パートナーの浮気が発覚してしまうと心の傷も大きく、その後の生活に大きな支障をきたします。
場合によっては離婚なんてことも少なくありません。

離婚になった場合に、慰謝料がどのぐらいもらえるのかあらかじめ知っておきましょう。

慰謝料はいくらくらいが妥当なのか

慰謝料の相場は浮気の内容や結婚生活の状態によってもかわってきます。

一般的な相場は50万から300万と言われていますが、本当は明確な基準はありません。

浮気が原因で別居に至った場合は100万から200万、離婚に至った場合は200万から300万程度です。

話し合いで解決する場合はこのような基準は関係がなくなり、早く離婚したい、精神的に大きな苦痛を受けたなどの理由から金額が上下することはあります。

慰謝料の金額がかわる要素

慰謝料の金額を左右する要素は他にもいくつかあります。

まずは浮気相手の年齢です。年齢差が大きいほど高くなるケースが多いです。

夫婦の婚姻期間も関係があります。婚姻期間が長ければ長いほど、慰謝料は高くなるケースが多いです。

浮気発覚前の婚姻生活の状態が円満だった場合も同じく、幸せな家庭が崩壊されたことの代償は大きく、慰謝料が高くなる場合があります。

他にも浮気をしていた期間が長かったり、浮気相手が妊娠してしまった場や浮気によってうつ病になってしまった場合なども同じく増額となるケースが多いです。

逆に慰謝料が低くなってしまうケースもあります。それは、ご自身に落ち度があった場合です。

  • 日頃のスキンシップを避けていた
  • 会話をしてくれなかった

など、パートナーとの関係を十分に築けていなかった場合に、減額となるケースがあります。

浮気相手が社会的制裁を受けていたり、真摯に反省する態度を見せている場合も同じく減額されることがあります。

専門家に相談する必要がある

このように様々なことを総合的に判断して慰謝料は決まります。

浮気相手の社会的地位や収入によっても大きく変わってくることがあるので、パートナーだけではなく浮気相手についても調査が必要な場合があります。

慰謝料を多くもらいたい人は、探偵に浮気調査を依頼して、浮気の確実な証拠を見つけることも大切です。
ある程度の専門的な知識は必要なので、探偵や弁護士の方に相談することをおすすめします。