2度目の浮気を発見したときどうすべきか?

恋人生活や夫婦生活を脅かす大敵はパートナーの浮気です。

浮気というのはたいてい1度してしまったら夫婦生活に大きな亀裂が入ってしまい、そのまま別れる、もしくは離婚、というケースがごく一般的です。

しかしながら、相手が誠意を持って謝ってきて

「もう二度としない。つい浮ついてしまったが、今度は絶対にしない、あなたを大切にするから許してほしい」

などと懇願してきたらどうでしょうか。

やはり一度は愛し合って結ばれた夫婦です。場に流されて浮気を許してあげる、ということはあると思います。

しかしながら、浮気癖のある人というのはその気質はなかなか治らないと考えたほうが無難です。

2度目の浮気には厳しい対処が必要

一度浮気をして許してもらうと、「次も全力で謝ればなんとか許してくれるのではないか…」というふうに思われ、あなたのやさしさにつけこまれるリスクが大きいです。

二度も浮気をした人にどのように対処すればよいかは、あなたがそのパートナーと今後どうしたいかによります。

してでも関係を再構築したいと考えるのであれば、「仏の顔も三度まで」という言葉もありますからもう一度全力で謝ってもらいましょう。

許してあげるということになりますが、三度目の浮気を許さないためには厳格な態度を示す必要があります。
相手もそれ相応の覚悟をしめした行動をしてもらわないといけません。

そのためにはすぐには許さないことです。
何度も何度も、最低でも3日間は謝罪し続けてもらい、相手の覚悟を見るべきです。

次に、連絡手段を断つことです。
携帯に登録されている異性の番号を削除してもらい、その後も抜きうちで週何回か携帯をチェックし、メールやラインが来ていないか確認することです。

そもそも携帯の監視を受け入れない場合はやましい気持ちがあり、再犯の可能性もありますから関係の再構築は難しいかもしれませんね。

今度も浮気を許す場合は、以上の対処をとってみてください。
逆に再構築する気がないのなら一切許さず、連絡手段を断ってきっぱり別れることです。